FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年を迎えて

 2010年を、明るい期待を持って迎えることができました。

 昨年は、金融危機が世界中に拡大して日本も不況に巻き込まれました。
私のアルバイトまでもが1月に途切れて、それっきりです。

殆どの企業が赤字となって不況風が吹き荒れた、そんな中、国民は50年余り続いた自民党政権と決別して、民主党に政権を委ねることにしました。

 264年間江戸幕府が続いて安穏と暮してきた日本に、平和の末期症状が現れるたところで日本人自身が明治維新を起こして、近代国家へ舵を切りました。そして世界の列強に肩をならべるまでに発展しました。
このように日本人は底力と復元力の凄さを顕現しました。
戦後の復興から50年余り続いた政権に、江戸幕府の末期に似た症状がこの数年に現れたように思う。ここで自民党から民主党へ政権が移すことによって、日本人に底力と復元力を発揮する切っ掛けを、天が授けてくれたのではないかと思っています。

 発足後バタバタの4ヶ月経ったが、自民党政権が残した膨大な負の遺産の前に呆然としたことでしょう。
2010年がスタートして、ようやく落ち着いて全体が見渡せるのではないでしょうか。
まず今年度予算を成立させて、じっくり国民の期待に応える施策を進めていくことと信じます。

 私は、戦前、戦争、敗戦・破滅、復興、高度成長、オイルショック、バブル景気・破裂、金融危機を経験しながらも、今日まで70年余を生きてきて、7度目の寅年を迎えることができました。

一昨年中ごろから、読書の時間が増えて雑誌を含めると150冊ぐらい読んだことになります。
さらにインターネットからは、新聞やTV報道からは得られない情報を多くもらいました。
従来の知見とは異なる事柄を目にして、自分なりに本質に近いと思える非常に多くのことを学びました。
読書の知的成長を促す素晴らしさ、現代人にとっての必要性を、この年齢になって改めて実感しています。

大まかに知り得たことを、以下に列挙します。
・日本人と外国人とは違う
・大東亜戦争とは何であったか(戦前、戦後を含めて)
・日米同盟のこと
・日本という国の素晴らしさ(日本人の精神、文化、自然・・・)
・日本を世界が恐れる理由、期待を寄せられる理由
・自然の偉大な働き
・宇宙と次元のこと
・スピルチュアリティについて
・日本食のこと
・身体のこと
・マスメデアの姿
・地球温暖化のこと

 この正月明けに、皆さんからの年賀状を拝見しながら、、2010年の過ごし方をいろいろ考えています。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。